RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
おい、このクレイジーなジャパニーズバンドを見てみろよ! / エピソード273 ミドリ LPレコード他をご購入の方(スウェーデン/男性/20代後半)の場合
ご購入商品:ミドリ LP/セカンド ほか
ご購入商品:ミドリ LP/セカンド ほか


ミドリを最初に知ったのは、友達が「おい、このクレイジーなジャパニーズバンドを見てみろよ!」とミドリのLIVE映像を見せてくれたのがきっかけでした。個性的なサウンドとエネルギー溢れるライブパフォーマンスに心を奪われました。
 
ミドリはスウェーデンではほとんど知られていないと思います。僕と僕にミドリを教えてくれた友達以外からミドリの名前を聞いたことはありません。
 
僕は音楽に関してはかなりオープンでなんでもこいという感じですが、ロックと電子系の音、それからジャズを多く聴きます。僕が最初に知った日本人アーティストは上原ひろみです。彼女のジャズピアノが本当に大好きになりました。僕がミドリが大好きなのも彼らの音楽はジャズピアノとノイジーギターをミックスしたスタイルだからだと思います。
 
そのほかの日本人のアーティストはあまり知らないので、これから発掘していきたいです。
 
店主の一言:「おい、このクレイジーなジャパニーズバンドを見てみろよ!」は、"Look at this crazy Japanese band!" という原文なのですが、ミドリのライブ映像を観ると本当にそんな感じで、彼らの特徴をよく掴んだ一言だと思います。
 
最初にミドリの商品の注文があったのは2か月ほど前でした。それを音吉プレミアムのfacebookページに書いたところ、そこからどんどんミドリの注文が増え、この2か月で11人の外国人がミドリの商品を注文しています。にわかにブームのようです。音吉プレミアム発信でミドリが世界に発信されています!今日もきっと世界のどこかで「おい、このクレイジーなジャパニーズバンドを見てみろよ!」的な会話がされているのでしょう。
 
規模は全然小さいですが、何かがブームになるときはこのように広まっていくのではないかという雰囲気を感じた店主でした。
 

音吉プレミアムのFacebookページができました。外国人オタクの皆さんとの交流が主な目的なので、基本英語でのやり取りになりますが、外国人オタクの生の声が聞けて面白いですよ。既に5100人以上にフォローされています。興味がある方は「いいね!」を押して参加してください。 音吉プレミアムのFacebookページ


1日1クリックで応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

音吉プレミアム ブログ「イタリア人は日本のアイドルが好きっ」目次
↑ 最初からみたい方はクリック ↑

このブログは中古CDショップ 「音吉プレミアム」のホームページからCDやレコードを注文してくれた外国人のお客さんにインタビューした内容を元に書いています。
音吉プレミアム


あなたの英語コミュニケーション能力を飛躍的にアップする「外国人とどんどん話せる英会話トレーニングBOOK」絶賛発売中です。


子どもがバイリンガルになる英語子育てマニュアル日本初の本格英語子育てマニュアル「子どもがバイリンガルになる英語子育てマニュアル」絶賛発売中です。

イタリア人は日本のアイドルが好きっ
単行本「イタリア人は日本のアイドルが好きっ」も好評発売中です。


author:高橋正彦(音吉プレミアム), category:なぜ好きになったのか(J-POP/バンド), 08:27
comments(0), -, pookmark
tremendous loss(莫大な損害) / エピソード210 RC SUCCESSION CDアルバムをご購入の方(アメリカ/男性/20代前半)の場合
ご購入商品:RC SUCCESSION CDアルバム/ニュー・ベストナウ
ご購入商品:RC SUCCESSION CDアルバム/ニュー・ベストナウ

一昨日、以前にRC SUCCESSIONのCDを買ってくれたアメリカ人のお客さんから、こんなメールがきました。
 
 
僕はインターネットのニュースで、ロックバンド RC SUCCESSION のリードボーカルの忌野清志郎が5月2日に亡くなったのを知りました。以下その記事です。
 
(下記は僕が訳したモノです。原文は下に貼っておきます)
 
ジャパニーズロックの草分けである、RC SUCCESSIONのリーダーであり、後にソロとしても活躍した忌野清志郎が58歳でこの世を去った。
 
RC SUCCESSIONはベンチャーズのカバーバンドとして1966年に活動を開始して、1972年にアルバム『初期のRC SUCCESSION』で日本ロック界をリードするバンドのひとつとなった。彼らのスタイルは日本のロックシーンに大きな影響を与え、1982年にはチャック・ベリーが中心になって行われた『THE DAY OF R&B』に参加して世界的な注目も集めるようになる。
 
忌野は日本ではあまり多く見られないタイプのミュージシャンで、政治的活動や核反対などの曲を歌い、戦争反対やチベット開放のメッセージも世の中に示していた。
 
晩年はソロとして活躍をしていて、音楽の祭典フジロックの顔として、1997、1998、1999、2002、2004、2005と出演を果たす。2006年も出演予定だったが、喉頭癌の発病でキャンセルを余儀なくされてしまう。
 
忌野は土曜日の早朝に、リンパ腺癌に倒れた。

Japanese rocker Kiyoshiro Imawano, leader of the groundbreaking band RC Succession and later a solo act, has died in Tokyo at 58.
 
RC Succession started as a Ventures cover band in 1966 but moved on to be one of the leading rock bands in Japan with their 1972 hit record "Shoki no RC Succession." From that time the act was a staple of the Japanese rock scene and they also received international attention. In 1982 RC Succession took part in the high-profile "The Day of R&B" festival at which Chuck Berry headlined.
 
Unusual for Japan, Imawano was active politically and recorded anti-nuclear tracks as well as spoke out against war and for Tibetan freedom.
 
In his later years Imawano performed under his own name and was a favorite at the industry-leading Fuji Rock Festival. He appeared at the festival, which started in 1997, in 1998, 1999, 2002, 2004 and 2005. He was scheduled to appear in 2006 but was diagnosed with throat cancer and was forced to cancel.
 
Imawano succumbed to lymphatic cancer early Saturday morning.
 
彼の死は音楽界にとって莫大な損害です。彼の独特の歌声とソウルに影響を受けたユニークな楽曲の数々は70年代、80年代に生きた人達に希望を与えました。そして、リアルタイムでは無くとも、それ以降に彼の音楽と出会い、勇気をもらった若い世代も多いことでしょう。1988年生まれの僕もその一人です。
 
大好きな曲はたくさんあるので選べないですが、僕が今一番聴きたい曲は『ステップ』です。楽しげなディスコミュージックを聴きながら清志郎を送ります。
 
 
店主の一言:また一人、偉大なミュージシャンが旅立ちました。この人は日本人には珍しく社会問題やタブーに対して、音楽を通して問題提起をしてきたミュージシャンで、人間的に尊敬していました。残された僕たちができる事は、彼が伝えようとしたメッセージについて考え、行動する事でしょう。行動と言ってもデモを起こすとかそういう事じゃなく、何というか「物事の本質に正面から向かい合うという事」かなと僕は勝手に思っています。今日はタイマーズの『デイドリームビリーバー』を聴いて頑張ろうと思います。謹んでお悔やみ申し上げます。



ブログランキングに登録しています。このバナーをクリックして頂けるとポイントがあがって上位にランクされるようなので、よろしければご協力をお願い致します。

音吉プレミアム ブログ「イタリア人は日本のアイドルが好きっ」目次
↑ 最初からみたい方はクリック ↑

このブログは東京・中野の中古CDショップ 「音吉プレミアム」のホームページからCDやレコードを注文してくれた外国人のお客さんにインタビューした内容を元に書いています。 音吉プレミアムのサイトはコチラ

イタリア人は日本のアイドルが好きっ
このブログが書籍化されました。全国の書店で絶賛発売中です!
アマゾンの和書ランキングで最高23位を記録しました。
本の詳細はコチラをクリック
author:高橋正彦(音吉プレミアム), category:なぜ好きになったのか(J-POP/バンド), 14:49
comments(0), -, pookmark
15秒間の『Get Wild』 / エピソード183 TM NETWORK CDアルバムをご購入の方(ドイツ/男性/10代後半)の場合
TM NETWORK CDアルバム/DRESSご購入商品:TM NETWORK CDアルバム/DRESS

僕が最初にTM NETWORKを知ったのはシティハンターのアニメからです。ドイツでは2000年代初頭に初めて放送されました。彼らの曲『Get Wild』がエンディングテーマだったのですが、ドイツ版では極端に短縮されていて、15秒くらいしか流れません。そう、宇都宮隆のクールなヴォーカルが聴けるその前のイントロだけで番組が終わってしまうのです。それでもその15秒間の『Get Wild』は僕の頭の片隅にずっと残っていました。

そして2年前、シティハンターのゲームがPCエンジンで出ていると知って懐かしさから入手しました。ゲーム自体はあまり面白く無かったのですが、それをきっかけに『Get Wild』の事を思い出し、CHのサントラCDを手に入れました。遂に『Get Wild』のフルバージョンを聴いたのです!15秒間のイントロを聴いた時の気持ち良さがそのまま継続して、曲を聴き終えた時には、この曲との出逢いは運命だとさえ思うほどに興奮していたのを覚えています。

そして今、TM NETWORKの他の曲も聴きたくなった僕は、彼らのアルバムを少しずつ集めているのです。



店主の一言:PCエンジン、懐かしすぎる。僕の記憶から数年間ひょっとすると10年以上消し去られていた昔のゲーム機です。CDロムロムというPCエンジンに取り付ける、ファミコンで言えばディスクシステムのような物があって、それだとキャラクターがしゃべるし、グラフィックが超綺麗なのです。今じゃCDロムロムより遥かに綺麗なグラフィックで、しゃべりまくりますが、当時子供だった僕が受けた衝撃はすごかったなあ。『天外魔境』とか『うる星やつら』とかにハマってずっとやっていた記憶があります。今はゲームはほとんどしなくて、結婚式の二次会で当たったWiiを親戚の子に無期限で貸すくらいな僕ですが、昔はゲーマーだったかも。

そして、シティハンターと言えば僕も大好きでDVDBOXも持ってます。子供の頃は1,2,3、'91とすべてビデオ録画して保存していました。そして僕も『Get Wild』でTM NETWORKの事を知ってCDを買った口です。80年代の後半に僕に起こった事が、2000年代にドイツの男の子に起こっているなんて、名作のパワーはすごいね。

僕が好きなシティハンターのリョウのセリフで「俺が依頼を受けるのは、俺の心が震えた時だ」というのがあって、子供の頃から、そのセリフをいつか使いたいなと思っていますが、中古CDを売りながら心が震える時なんて無いのでなかなか言うチャンスはありません(笑)。それでも、外国のお客さんとこうして楽しくやりとりができる事や、日本人のお客さんでも探している物が見つかって喜んでいる笑顔を見ると、リョウの『心が震えた時』と近い感覚がコレなんじゃないかと思うのです。




ブログランキングに登録しています。このバナーをクリックして頂けるとポイントがあがって上位にランクされるようなので、よろしければご協力をお願い致します。

音吉プレミアム ブログ「イタリア人は日本のアイドルが好きっ」目次
↑ 最初からみたい方はクリック ↑

このブログは東京・中野の中古CDショップ 「音吉プレミアム」のホームページからCDやレコードを注文してくれた外国人のお客さんにインタビューした内容を元に書いています。 音吉プレミアムのサイトはコチラ

イタリア人は日本のアイドルが好きっ
このブログが書籍化されました。全国の書店で絶賛発売中です!
アマゾンの和書ランキングで最高23位を記録しました。
本の詳細はコチラをクリック


author:高橋正彦(音吉プレミアム), category:なぜ好きになったのか(J-POP/バンド), 14:32
comments(0), -, pookmark
スウェーデンの17歳が選ぶB'zソングBEST3 / エピソード167 B'z CDアルバムをご購入の方(スウェーデン/男性/10代後半)の場合
Bz CDアルバム/IN THE LIFEご購入商品:Bz CDアルバム/IN THE LIFE

スウェーデンでは、ヴィジュアル系をはじめとする日本のアーティストがとても人気がありますが、B'zに関しては好きだという友達も、B'zを知っている人さえも会った事がありません。

僕がB'zを知ったきっかけも特別で、日本に親の転勤で引っ越した友達が送ってきた昔のミュージックステーションの映像のDVDで、B'zが『IT'S SHOW TIME』を歌っていて、一目でファンになりました。ボーカルの稲葉浩志の声と歌い方が大好きです。スウェーデンのどのアーティストよりもカッコイイです。今の所、僕の中でのB'zソングBEST3は、『Love Phantom』『ねがい』『もう一度キスしたかった』です。

最近のCDは全部手に入れたので、過去の作品を探していてあなたの店のサイトにたどり着きました。



店主の一言:そういえばB'zってあんまりヨーロッパから注文がないですね。スウェーデンは初めてかも知れません。B'zは、2007年にロックンロールに貢献したアーティストを讃える『ハリウッド・ロックウォーク』へスティーヴ・ヴァイの推薦があって殿堂入りしたというニュースがありましたが、有名過ぎて外国でも簡単に手に入るから注文が無いのかな?でもアジア圏からのご注文は時々あるので、やはり日本をはじめアジアで絶大な人気のあるアーティストと言えるのでしょう。

しかし、スウェーデンの17才の男の子が、僕が中学の時に聞きこんだ『IN THE LIFE』のアルバムを注文するなんてグローバルな世の中になったもんだ。この少年がベスト3に挙げた『もう一度キスしたかった』はこのアルバムの6曲目だよね。僕はB'zの熱烈なファンじゃないけど、CDは何枚か持っているし、ベスト3を挙げろと言われても、結構迷ってしまうから、やっぱり僕の青春時代にはかかせないアーティストです。とか言いながらちょっと振り返ったら色々思い出してノスタルジックな世界に行ってしまいました。

『ALONE』-中学を卒業する頃を思い出す
『裸足の女神』-留学直後に母が亡くなり日本に3ヶ月間戻った時
『FIRE BALL』-留学を終えて日本に戻ってサッカー選手になろうと思ってた頃
『HOME』-音吉プレミアムを始めたばかりの頃


B'zを振り返るだけで、人生の節目節目が振り返られる程です。すごいなB'zって。

追伸:先週末、僕のオーストラリア時代の後輩で、うちの店にも2年くらい働いてくれたT君の結婚式に出席しました。お相手は僕の所属する草サッカーチームの友達の義妹。僕にとっては自分の友達同士が親戚になるという事で、特に『縁』というものを感じた一日でした。縁で結ばれた家族や友達と一緒に年を重ねていける人生が送れたら最高ですね。T君おめでとう。




ブログランキングに登録しています。このバナーをクリックして頂けるとポイントがあがって上位にランクされるようなので、よろしければご協力をお願い致します。

音吉プレミアム ブログ「イタリア人は日本のアイドルが好きっ」目次
↑ 最初からみたい方はクリック ↑

このブログは東京・中野の中古CDショップ 「音吉プレミアム」のホームページからCDやレコードを注文してくれた外国人のお客さんにインタビューした内容を元に書いています。 音吉プレミアムのサイトはコチラ

イタリア人は日本のアイドルが好きっ
このブログが書籍化されました。全国の書店で絶賛発売中です!
アマゾンの和書ランキングで最高23位を記録しました。
本の詳細はコチラをクリック

author:高橋正彦(音吉プレミアム), category:なぜ好きになったのか(J-POP/バンド), 02:24
comments(0), -, pookmark
アメリカで今一番人気のある日本のアーティストはこれだ!/ エピソード153 ゲルニカ CDアルバムをご購入の方(USA/男性/20代後半)の場合
ゲルニカ CDアルバム/電離層からの眼指しご購入商品:ゲルニカ CDアルバム/電離層からの眼指し

ゲルニカ(戸川純のバンド)や戸川純はアメリカではそんなに知られていません。数は多くありませんが、アメリカには70、80年代の日本のテクノポップ/テクノ歌謡(YMO/Plastics/一風堂 etc...)のファンや、90年代の渋谷系(ピチカートファイヴ/オリジナル・ラヴ/フリッパーズ・ギター etc...)のファン、そして現在はコーネリアスのファンなどがいます。おそらくアメリカで今一番人気があるのはコーネリアスとボアダムスだと思います。そしてYMOのフォロアーは今の若者にも増え続けています。

これらの音楽を好む人達は、他の似たスタイルのアメリカやヨーロッパのアーティストのファンと情報を交換して、新たに日本のアーティストのファンが誕生します。アメリカで人気のある日本のアーティストは"洋楽的な音"を奏でたり、洋楽のアーティストと仕事をしたりしているアーティストが多いと思います。

個人的には、僕は細野晴臣とYEN/Non-Standardレーベルの大ファンで、その流れでゲルニカや越美晴などのアーティストを発掘しました。それから僕はJohn Zornのファンでもありますので、そこから巻上公一を見つけ、ヒカシューも好きになりました。そして日本のインディーズポップとジャズに興味が湧いて、カヒミ・カリィ、メロン、サロン・ミュージックなどにハマりました。友人に日本人の音楽プロデューサーがいるので、彼からも新しいアーティストを紹介してもらう事も多いです。

僕は戸川純と、越美晴の歌い方と音のアレンジが大好きで、最初に聞いた時は衝撃的でした。彼女たちはクラシック的な音や、アバンギャルドな音をポップスタイルに掛け合わせ、独特の世界を創り出しています。このスタイルを取っている欧米のアーティストはいないんじゃないでしょうか?1980年代の作品がほとんどですが、これまでに多くの音楽を聴いてきた僕にとっても新鮮でユニークな作品を創る彼女達は僕の心をつかんで離しません。


店主の一言:YMOとその周辺の音楽ファンというのは世界中どこにでもいますね。アニソンからアーティストを知った人達や、アイドルが好きな人達と比較すると彼らは「音」に非常にこだわりがかなりあり、熱く音について語れます(もちろんアニソンやアイドル好きな人でも詳しい人はいますけどね)。僕なんかは音の専門的な事はよくわからずに、聴いて感じる事しかできないので、勉強になります。

話は変わりますが、本を出した事によってこれまでにも素晴らしい出逢いがあり、このブログでも紹介させてもらいましたが、今回は"嬉しい再会"がありました。同じ中学に通い、中学を出た後もオーストラリアから一時帰国した時には、毎日のように遊んでいた親友で、20歳になる前にささいな事で絶交状態になり、10年以上会っていなかった友達が、僕が本を出したのを聞いて読んでくれて連絡をくれたのです。「あんな奴関係ねえ、どうでもいい。」と同窓会で彼の話題になっても言い続けてきた僕ですが、実は心のどこかでその事がずっとしこりのようにありました。僕たちはまずメールのやり取りをして、電話で話しました。そして先週彼が東京に来る用事があったので、僕の家に泊まりに来る事になりました。

久々に会った彼は実家のお寺を継いでお坊さんになっていました。そして僕が16歳の時に亡くなった母の為にお経をあげてくれました。10年ぶりでしたが会って1時間もしないうちに"あの頃"の僕らになっていました。そして二人で朝まで飲んで語り合いました。本当に良かったです。本に感謝しまくりです。まさか僕の心のケアまでしてもらう事になるなんて思いもよりませんでした。そしてもちろん勇気を出して連絡をくれた元親友で、これからも親友の彼にも感謝、感謝です。ありがとう。

界王星!?二人で飲んでいる時に僕が「その頭、界王星(ドラゴンボールに出てくる星)みたいだな。」と言ったのがきっかけで頭でジオラマを作らせてもらいました。坊主になってもノリの良さは相変わらずで嬉しかったぜ。 


ブログランキングに登録しています。このバナーをクリックして頂けるとポイントがあがって上位にランクされるようなので、よろしければご協力をお願い致します。

音吉プレミアム ブログ「イタリア人は日本のアイドルが好きっ」目次
↑ 最初からみたい方はクリック ↑

このブログは東京・中野の中古CDショップ 「音吉プレミアム」のホームページからCDやレコードを注文してくれた外国人のお客さんにインタビューした内容を元に書いています。 音吉プレミアムのサイトはコチラ

イタリア人は日本のアイドルが好きっ
このブログが書籍化されました。全国の書店で絶賛発売中です!
アマゾンの和書ランキングで最高23位を記録しました。
本の詳細はコチラをクリック

author:高橋正彦(音吉プレミアム), category:なぜ好きになったのか(J-POP/バンド), 02:00
comments(1), -, pookmark
それでも僕はCDを売り続けるのだろう / エピソード134: ZARD CDアルバムをご購入の方(アメリカ/男性/20代前半)の場合
27日にZARDの坂井泉水さんが亡くなりましたね。個人的にはオーストラリア留学中に辛くて逃げ出したくなった時に8cmシングルの「負けないで」を聞いて頑張れたり、「揺れる想い」や「君に逢いたくなったら」など懐かしい思い出とリンクしているとても大切な曲が多数あります。

今回は、先月ZARDのCDアルバムを5枚注文してくれた、アメリカの方のインタビューを紹介します。「そのうち紹介しよう」と思っていたのが、こんなタイミングになってしまった事は本当に残念です。


ZARD CDアルバム/時間の翼ご購入商品:ZARD CDアルバム/時間の翼 ほか

僕がZARDの曲を聞いたのは、ネットラジオで偶然流れているのを聞いたのが最初です。

その時、何かビビッとくるものがあって、その後はネット上でZARDの色々な曲を視聴しましたが、思っていた通り全て自分が好きなスタイルでした。ZARDはいい意味での"懐かしさ"が入り混じったような80年代90年代を感じさせるアーティストです。

メロディーはどの曲も安定して高い水準を保っています。いわゆるハズレ曲が無いのです。ZARDがアメリカでどのくらい有名なのかは、新しいファンの僕にはわかりませんが、掲示板やフォーラムに多くの書き込みがあるので、かなりファンはいるんじゃないかと思います。


店主の一言:この方は最近ファンになったようですね。確かにZARDの曲には"懐かしさ"があるように僕も思います。その"懐かしさ"が多くの人の心を掴んだ要因の一つだと思います。特に20代後半から40歳くらいまでの方達にとっては、ZARDの曲のひとつひとつが色々な青春の思い出と重なって記憶している方も多いと思います。実際、うちの店に来たお客さんも「坂井さん亡くなっちゃたね。俺好きだったんだよね。寂しいよね。」と言っていました。

若くしてアーティストが亡くなるといつもそうなんですが、必ずその方の商品が売れます。売れれば当然それが僕の利益になる訳だから嬉しいのですが、それを嫌悪する自分も同時に存在します。「何お前人の不幸で儲けてるんだよ」みたいな罪悪感があります。かと言って、例えば亡くなった方の商品を一時的に売らないのもおかしいと思います。ニュースを見てその方の死を惜しんで聞きたくなるという気持ちはよくわかるし、きっかけはどうであれ、アーティストにとって作品を手に取ってもらえる事は嬉しい事だと思うからです。

だからこれからも僕はこういう悲しいニュースがあった時は、そんな気持ちになりながらもCDを売ってゆくのだと思います。でもアーティストの皆さんには、うちの店のCDなんか売れなくてもいいから、できるだけ元気でいて皆を幸せにしてもらいたいです。(もちろん何事も無く普通に売れるのは大歓迎です)

坂井さん、今までたくさんの素晴らしい曲をありがとうございました。ご冥福を心よりお祈りいたします。
author:高橋正彦(音吉プレミアム), category:なぜ好きになったのか(J-POP/バンド), 00:52
comments(2), trackbacks(0), pookmark
最強の口コミだねこれは / エピソード131: ホフディラン CDアルバムをご購入の方(オーストラリア/女性/20代後半)の場合
ホフディラン/多摩川レコードご購入商品:ホフディラン CDアルバム/多摩川レコード

ホフディランはオーストラリアでは知られていません。私は元々香港出身で、香港の音楽もよく聞くのですが、香港の人気ミュージシャン"the pancakes (http://www.thepancakes.com/)"がホフディランの大ファンで、雑誌のインタビューなどでもよくホフディランの事に触れているので、the pancakesのファンだった私はそこから、つい最近ホフディランを知りました。

最新シングルの「はじまりの恋」のPV(プロモーションビデオ)を見て、the pancakes
がなぜこれほど絶賛しているのかわかりました。彼らの音楽は素晴らしいです!!

ホフディランは、60/70's ポップなワタナベイビーと、もっとロック/パワーポップ系のユーヒのバランスがとても良いペアだと思います。二人ともユーモアたっぷりだし。私はどちらかと言えばユーヒーズの曲が好きです。コードはシンプルですが、メロディーがとてもキャッチーで魅力的です。


店主の一言:人気ミュージシャンが至る所で宣伝してくれたら広告効果は絶大ですね。好きなタレントや有名人が集めているものを真似して集めたりする事ってありますよね。僕は昔切手と、王冠(ビールとかのふた)を集めてました。のび太の影響で...

話は変わって、16日は18時に閉店したので、店のドアに「18時で閉店させて頂きます」と断り書きを貼って帰ったら、次の日の朝「またフラれてしまい残念です」の書込みがありました。なんか靴箱を開けたらラブレターが入ってたような、甘酸っぱい気持ちになりました。これに懲りずにまたご来店して下さい。なんか元気が出ました。ありがとうございます。

18時閉店の断り書きにコメントが...


ブログランキングに登録しています。このバナーをクリックして頂けるとポイントがあがって上位にランクされるようなので、よろしければご協力をお願い致します。

音吉プレミアム ブログ「イタリア人は日本のアイドルが好きっ」目次
↑ 最初からみたい方はクリック ↑

このブログは東京・中野の中古CDショップ 「音吉プレミアム」のホームページからCDやレコードを注文してくれた外国人のお客さんにインタビューした内容を元に書いています。 音吉プレミアムのサイトはコチラ
author:高橋正彦(音吉プレミアム), category:なぜ好きになったのか(J-POP/バンド), 01:43
comments(0), trackbacks(0), pookmark
あなたは彼女の過去が気になりますか? / エピソード119: てつ100% CDアルバムをご購入の方(オーストラリア/男性/30代前半)の場合
てつ100%/JACK IN THE BOXご購入商品:てつ100% CDアルバム/JACK IN THE BOX

私はずっとジャパニメーションのファンでした。カウボーイビバップと、甲殻機動隊で菅野よう子の事を知りました。それ以来彼女の曲を探し始めました。そして彼女の曲が入っているサントラCDで、曲が収録されていた坂本真綾や新居昭乃も気に入りました。そして今回購入したてつ100%のCDは菅野よう子がキーボードだったと知って注文しました。まったく聴いた事が無いので楽しみです。

(今回、今井美樹のCDアルバム「エルフィン」も買ってくれたので)
今井美樹に関しては、オークションで見かけて、ジャケットの雰囲気から自分が好きな歌手かもと思い、日本のHMVのサイトで試聴して、やはり気に入ったので集め始めて今ではアルバムを約20枚持っています。

日本のアニメはオーストラリアで有名ですよ。オーストラリアには2つのアニメDVDを販売している会社があります。しかし、残念な事に彼らの会社の商品はあまりクオリティは高くありません。なぜなら日本のビデオフォーマットのNTSCから、オーストラリアのPALへの変換が上手く出来てないのです。なかには良いものもありますけどね。そして彼らはサントラCDも販売していません。これもまた残念な事です。

多くのアニメファンは画質をそんなに気にしていない上に、日本製のCDは高すぎると考えているので、海賊盤を買っている人が多いです。私はあなたの店をみつけたので、定価よりも安く欲しいCDが買えるから、今後も日本の正規CDを集めようと思っています。

私の聞いている日本の音楽の傾向は、イージーリスニング(今井美樹、坂本真綾、新居昭乃、井上昌己)、オルタネティヴ(コーネリアス、カヒミカリイ他)、インスト/サントラ(菅野よう子 他)などです。流行のJ-POPは主張しすぎであまり好きではありません。


店主の一言:そうなんだあ、てつ100%って妙に人気があって探している人が多いと思ったら菅野よう子が在籍していたんですね。海外のファンのアンテナはすごいですね。でも心配だなあ。好きな曲の傾向を見ると癒し系の音楽が好きみたいだけど、てつ100%ってちょっとファンキーなロックバンドなんだよね...

話は変わって、アニメのサントラCDがオーストラリアではあまり無いみたいですね。僕の経験上、日本人のお客さんよりも海外のお客さんの方が割合としてサントラを買う方が多いのでニーズはあると思うけどな。あ、でも逆に売ってないから日本のサントラ盤を買っているとも言えるな。

あとビデオのNTSCとPALの違いには僕も一杯食わされました。オーストラリア留学中に僕はサッカーのビデオを結構買って集めていて、10数本持っていたのですが、頑張って持って帰ってきたのに日本じゃ見れないですからね。まあPALに切り替えられるビデオデッキも売っていますが、そのビデオの為にわざわざ買うのはちょっとね。


ブログランキングに登録しています。このバナーをクリックして頂けるとポイントがあがって上位にランクされるようなので、よろしければご協力をお願い致します。

音吉プレミアム ブログ「イタリア人は日本のアイドルが好きっ」目次
↑ 最初からみたい方はクリック ↑

このブログは東京・中野の中古CDショップ 「音吉プレミアム」のホームページからCDやレコードを注文してくれた外国人のお客さんにインタビューした内容を元に書いています。 音吉プレミアムのサイトはコチラ
author:高橋正彦(音吉プレミアム), category:なぜ好きになったのか(J-POP/バンド), 01:08
comments(0), trackbacks(0), pookmark
愛深キユエニ... / エピソード118: Dir en grey CDアルバムをご購入の方(ドイツ/女性/20代前半)の場合
Dir en grey DVD/Tour05 It withers and withers Bootleggedご購入商品:Dir en grey DVD/Tour05 It withers and withers Bootlegged
Dir en grey(以下Dir) はドイツでは人気があります。といってもアメリカやイギリスのメジャーバンドと比べると一般的には知られていません。またファンの年齢層が狭く、熱狂的なファンの多くは10代から20代前半の女の子だと思います。Dirはドイツでもプロモーションをしていて、雑誌などでも紹介されていましたから、それがキッカケでファンになった人達がほとんどだと思います。またヨーロッパで盛り上がりつつある「アジアブーム」も大きな要因のひとつでしょう。

コアなファンは日本語のインタビューや雑誌の記事などもすべて翻訳して、ありとあらゆる情報を手にしています。現在のDirのファンは2つに別れつつあります。昔のDirの曲が好きなファンと、今のDirが好きなファンの間には壁を感じるときがあります。Dirはヴィジュアル系じゃないのに、最初の頃ヴィジュアル系の影響を受けていただけで未だにヴィジュアル系だというファンが多くてちょっと理解に苦しみます。

私の場合は1999年に"Cage"をはじめて聞きましたが、当時は日本の音楽なんてと思っていたので、「日本のバンドにしてはなかなかいいわ」という程度でしたが、最初に彼らのライヴ映像を見た時に、恋に変わりました。彼らのライヴには説明しようが無いような衝撃があります。とにかくカッコいいんです。他のバンドではDirから入ってガゼット、ナイトメア、ムック、雅-miyavi-などを好きになる人が多いと思います。


店主の一言:やっぱり「アジアブーム」が来てるんだな。最近ヨーロッパからの注文がアジアより多いですからね。日本人としては嬉しい事ですね。

ファンが内部分裂するっていう話もよくありますよね。昔の曲が好きなファンと今の曲が好きなファン、2人組のデュオの片方が好きなファン同士、とか色々。自分の主張を正当化する為にそれ以外のものを落とすという方法はディベートで勝つ手段としては有効だけど、別に誰かに勝つ為にファンやってるわけじゃないでしょうから、お互いを尊重し合って仲良くして欲しいな。アーティストだってファン同士がいがみ合うのは嬉しくないだろうしね。

音楽は音を楽しむと書くって事を思い出そう!


ブログランキングに登録しています。このバナーをクリックして頂けるとポイントがあがって上位にランクされるようなので、よろしければご協力をお願い致します。

音吉プレミアム ブログ「イタリア人は日本のアイドルが好きっ」目次
↑ 最初からみたい方はクリック ↑

このブログは東京・中野の中古CDショップ 「音吉プレミアム」のホームページからCDやレコードを注文してくれた外国人のお客さんにインタビューした内容を元に書いています。 音吉プレミアムのサイトはコチラ
author:高橋正彦(音吉プレミアム), category:なぜ好きになったのか(J-POP/バンド), 01:45
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ロックは決して死なない / エピソード113: ギターウルフ CDアルバムをご購入の方(オーストラリア/男性/30代後半)の場合
ギターウルフ/LIVE!!ご購入商品:ギターウルフ CDアルバム/LIVE!!

私がギターウルフを好きな理由は「ロックは決して死なないから」。他にはソウルフラワーユニオン<中川敬と伊丹英子らが織り成す創造性の束>や、鬼束ちひろ:<驚くべき声の持ち主。バックバンドのサポートも素晴らしい>なども好きです。

日本の音楽情報はインターネットや地元メルボルンの音楽ショップやラジオ、衛星放送などで調べています。また趣味でDJをしているので、クラブシーンからも情報が入ります。例えば浜崎あゆみなどは、メルボルンのクラブでも2003年頃までかなりかかっていました。

オーストラリアではR&Bとロック/パンクが人気があるので、日本の音楽もBoA、宇多田ヒカル、ギターウルフ、The 5,6,7,8s、少年ナイフなどがよく知られています。

最後に私の写真を送ります。船長のコスプレをしているだけで、船長ではありません。
ラルフさん

店主の一言:なんかキャラの濃い面白そうな人だな。しかも僕が3年半住んでたメルボルンの人だし。いつかメルボルンに行ったら一緒に飲みに行きたいな。

しかし、最近はメルボルンでも日本音楽が知られつつあるみたいだな。僕がいた1993年から1996年頃は普通に生活してたら日本の曲は耳に入って来なかったのに、世界はグローバルになってきているんだと、妙に実感。

「ロックは決して死なないから(BECAUSE ROCK NEVER DIE)」ってカッコいいですね。英語のこういう響きって日本語には無い独特のインパクトがありますね。ロックだぜ。


ブログランキングに登録しています。このバナーをクリックして頂けるとポイントがあがって上位にランクされるようなので、よろしければご協力をお願い致します。

音吉プレミアム ブログ「イタリア人は日本のアイドルが好きっ」目次
↑ 最初からみたい方はクリック ↑

このブログは東京・中野の中古CDショップ 「音吉プレミアム」のホームページからCDやレコードを注文してくれた外国人のお客さんにインタビューした内容を元に書いています。 音吉プレミアムのサイトはコチラ
author:高橋正彦(音吉プレミアム), category:なぜ好きになったのか(J-POP/バンド), 01:50
comments(1), trackbacks(0), pookmark