RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
アメリカの超ヘビー特撮コレクター / エピソード275 ウルトラマン CDアルバム他をご購入の方(アメリカ/男性/30代後半)の場合

ご購入商品:ウルトラマン誕生35周年記念アルバム オールディーズCD ほか

私は少年時代を日本で数年間過ごしました。父が大阪に単身赴任していたので、学校が長期の休みに入るたびに日本に遊びに行きました。日本語がもっと上手になれていたら良かったと後悔しています。
 
私は主に特撮が好きで、特にスーパー戦隊、中でも忍者戦隊カクレンジャーが一番好きです。特撮以外でもシティーハンター、マッハGOGOGO、こち亀などのアニメも好きです。シティーハンターは超カッコいいですよね。コミックは最高だし、アニメも各エピソード最低1回は面白い場面がありますよね。
 
私は1993年からCDを集め始めました。同時に私は特撮おもちゃコレクターでもあります。
 
YouTUBEで私のコレクションムービーを紹介しているので、よかったら観てください。
 
シティーハンターのリョウのフィギュアも紹介しています。同じくHOT TOYSから冴子のフィギュアも出ていますが、代わりに香を作って欲しかったです。


店主の一言:この方のYouTUBEチャンネルは是非観てください。膨大なコレクションを、それぞれBGMも付けて、色々な角度で紹介しています。半端じゃないです。
 
 
音吉プレミアムのFacebookページができました。外国人オタクの皆さんとの交流が主な目的なので、基本英語でのやり取りになりますが、外国人オタクの生の声が聞けて面白いですよ。既に6500人以上にフォローされています。興味がある方は「いいね!」を押して参加してください。 音吉プレミアムのFacebookページ


1日1クリックで応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

音吉プレミアム ブログ「イタリア人は日本のアイドルが好きっ」目次
↑ 最初からみたい方はクリック ↑

このブログは中古CDショップ 「音吉プレミアム」のホームページからCDやレコードを注文してくれた外国人のお客さんにインタビューした内容を元に書いています。
音吉プレミアム



あなたの英語コミュニケーション能力を飛躍的にアップする「外国人とどんどん話せる英会話トレーニングBOOK」絶賛発売中です。


子どもがバイリンガルになる英語子育てマニュアル日本初の本格英語子育てマニュアル「子どもがバイリンガルになる英語子育てマニュアル」絶賛発売中です。

イタリア人は日本のアイドルが好きっ
単行本「イタリア人は日本のアイドルが好きっ」も好評発売中です。

 
JUGEMテーマ:漫画/アニメ
author:高橋正彦(音吉プレミアム), category:なぜ好きになったのか(特撮), 11:48
comments(0), -, pookmark
フランス de 暴れん坊将軍 / エピソード115: 宇宙刑事シャイダー EPレコードをご購入の方(フランス/男性/20代前半)の場合
宇宙刑事シャイダー/宇宙刑事シャイダーご購入商品:宇宙刑事シャイダー EPレコード/宇宙刑事シャイダー
宇宙刑事シャイダーはフランスではあまり知られていないと思います。僕もシャイダーの番組は観た事がありません。僕は年上のシンガポール人の友達に教えてもらいました。彼は僕のクラブ仲間で70年代と80年代の日本の音楽にかなり詳しい人です。僕はファンクロックやジャズディスコのテイストのBGMのコレクターなのです。フランスでは、日本のLPをコレクションするのは難しいです。菊池俊輔、横山菁児、渡辺 宙明、大野 雄二が好きです。特に大野さんのルパン三世のBGMは圧巻です。

店主の一言:フランス人がシンガポール人に日本の音楽を教えてもらうっていうグローバルさがいいですね。音楽に関してはもう国境なんてほとんど無いんじゃないかな? むしろ日本人こそが歌謡曲や演歌に対して鎖国的な感じを持っている気がします。

ところで、この頃ヨーロッパのお客さんからの問い合わせがすごく増えています。特に今回の方のように、70年代の音楽がクールだと感じる人が多いようです。過去にも宇宙戦艦ヤマトの音楽が好きなDJの方がいましたね。 その時の話はここをクリック

この方が好きだというアーティストの作品を見れば、皆さんにも傾向がわかるんじゃないかな?

菊池俊輔:
仮面ライダーシリーズ
キイハンター
暴れん坊将軍

横山菁児:
宇宙海賊キャプテンハーロック
聖闘士星矢

渡辺宙明:
マジンガーZ
人造人間キカイダー
秘密戦隊ゴレンジャー


フランスのクラブで、「暴れん坊将軍」をBGMに踊るフランス人ってカッコいいっす。かつて「将軍」というニックネームで呼ばれ、現在の欧州サッカー連盟会長ミッシェル・プラティニ氏にも是非踊って頂きたい。


ブログランキングに登録しています。このバナーをクリックして頂けるとポイントがあがって上位にランクされるようなので、よろしければご協力をお願い致します。

音吉プレミアム ブログ「イタリア人は日本のアイドルが好きっ」目次
↑ 最初からみたい方はクリック ↑

このブログは東京・中野の中古CDショップ 「音吉プレミアム」のホームページからCDやレコードを注文してくれた外国人のお客さんにインタビューした内容を元に書いています。 音吉プレミアムのサイトはコチラ
author:高橋正彦(音吉プレミアム), category:なぜ好きになったのか(特撮), 17:56
comments(0), trackbacks(0), pookmark
あの床屋のおじさんはダダだったんだ! / エピソード71:ウルトラマンエース CDをご購入の方(ベルギー/男性/30代後半)の場合
ウルトラマンエースご購入商品:ウルトラマンエースCDアルバム:ミュージックファイル
ウルトラマンを買う海外のお客さんのほとんどはアメリカ人じゃないですか?ウルトラマンはアメリカでかなり人気があるのは知っています。

ベルギーでは、ウルトラマンの事はほとんど誰も知らないです。私が子供の頃に、「宇宙刑事ギャバン」をテレビで放送していた事があって、とても大好きでした。大人になってから、「あー懐かしいなあ、ギャバンが見たいなあ」と思いインターネットで、ギャバンのLDを買ったのがキッカケで、その後色々な特撮作品のレーザーディスクやDVDを買いました。

ウルトラマンシリーズの一番の魅力は怪獣ですね。毎回どんな怪獣が出てくるのかとてもワクワクします。最近のシリーズよりも昔のシリーズの方が雰囲気が出ていて好きです。


店主の一言:怪獣好きの外国人って多いですね。日本人でも多いか。そういや、僕も小さい頃は怪獣大百科で怪獣について勉強したり、ガチャガチャの人形集めたりして怪獣にかなりハマってたな。

レッドキングのラジコンも持ってた。
レッドキングのラジコン

ガラモンのプラモも作った。
ガラモンのプラモの箱

ダダ似の店主の床屋にも通った。(それはたまたまか)
バーバーダダダダ「ああ、いらっしゃい。今日はどうしようか?」
僕「ツーブロックでお願いします。」
ツーブロックって懐かしいなあ、今やる勇気は無いぜ。

「うーん、懐かしい!」 実家に帰ったら怪獣大百科を押入れから探し出す事を誓った店主でした。

ブログランキングに登録しています。このバナーをクリックして頂けるとポイントがあがって上位にランクされるようなので、よろしければご協力をお願い致します。
author:高橋正彦(音吉プレミアム), category:なぜ好きになったのか(特撮), 14:16
comments(0), trackbacks(0), pookmark
戦隊もののイエローは力持ちっ!! : エピソード55:五星戦隊ダイレンジャー CDアルバムをご購入の方(アメリカ/男性/20代前半)の場合
ダイレンジャーCDご購入商品:五星戦隊ダイレンジャーCDアルバム/コンプリートソングコレクション
私は二十歳の戦隊シリーズフリークです。アメリカでは東映がアメリカの配給会社を通した作品しか観る事ができません。パワーレンジャーズ(恐竜戦隊ジュウレンジャー、魔法戦隊マジレンジャーなど)は日本でのそれほどの知名度はありませんが、私は小さな頃からファンでした。そして最近また私の中で熱がぶり返してきました。

私が海外に住んでいた頃(10歳くらい)に"超電子バイオマン"、"光戦隊マスクマン"、"高速戦隊ターボレンジャー"、"地球戦隊ファイブマン"そして"鳥獣戦隊ジェットマン"を見ました。おのシリーズが大好きでとても楽しく観ていました。そしてこれらが「スーパー戦隊シリーズ」というカテゴリーだと最近知りました。アクションシーンとストーリーラインが私の興味を惹きました。

また音楽も戦隊シリーズの魅力のひとつです。でもほとんどのシリーズは英語字幕DVDが発売されていないので、サントラCDも発売されていません。戦隊シリーズのオープニングとエンディングテーマはどれも良いです。いずれは歌詞の意味もわかるようになりたいと、最近日本語の勉強をはじめました。日本語の勉強をはじめてしまうほどにハマっているのです。

"五星戦隊ダイレンジャー"の音楽は独特です。 典型的なポップスではなく、エスニックテイストが含まれています。いいメロディーとビートのこの音楽にわたしは惹きつけられたのです。私はJ-POPに中国系の音が織り交ぜられたスタイルが好きです。 ダイレンジャーは戦隊シリーズの中でナンバーワンだと思います。(まだ全部のシリーズを観ていないので暫定的ではありますが)

あなたの店のおかげで私のスーパー戦隊コレクションがまたひとつ増えました。


店主の一言:懐かしいなあ。うん、懐かしい。僕も戦隊シリーズ大好きだったなあ。主題歌のカセットテープとか、メンコとか買ってもらったのを憶えてます。

バトルフィーバーJかな、最初に観たのは?
バトルフィーバーJ
バトルコサックってのがいて、コサックダンスで敵を蹴散らすんだ。当時はカッコいいと思ったけど、すごい倒し方をしてたんだな。

デンジマンもあったな。
デンジマンCD
「デン、デンジマン、デン、デンジマン」で始まる主題歌が頭に残ってる。

ゴレンジャーとかジャッカー電撃隊は再放送でやってるのを見た。
ゴレンジャージャッカー電撃隊
今観るとものすごく日本人体系なんですネ、みなさん。

あっ、サンバルカンもいた!
サンバルカン
黄色のバトルパンサーがカレーが大好きでいつも食ってたんだよね。

ダイナマンくらいまで観てたのかな?なんか孔雀みたいな敵のボスいたような?この頃から主役じゃなくて、悪役や脇役が好きになってきた気がする。
ダイナマン

ところで戦隊シリーズって、今は第何代なんだろう?調べてみよう。

1:秘密戦隊ゴレンジャー
2:ジャッカー電撃隊
3:バトルフィーバーJ
4:電子戦隊デンジマン
5:太陽戦隊サンバルカン
6:大戦隊ゴーグルファイブ
7:科学戦隊ダイナマン
8:超電子バイオマン
9:電撃戦隊チェンジマン
10:超新星フラッシュマン
11:光戦隊マスクマン
12:超獣戦隊ライブマン
13:高速戦隊ターボレンジャー
14:地球戦隊ファイブマン
15:鳥人戦隊ジェットマン
16:恐竜戦隊ジュウレンジャー
17:五星戦隊ダイレンジャー
18:忍者戦隊カクレンジャー
19:超力戦隊オーレンジャー
20:激走戦隊カーレンジャー
21:電磁戦隊メガレンジャー
22:星獣戦隊ギンガマン
23:救急戦隊ゴーゴーファイブ
24:未来戦隊タイムレンジャー
25:百獣戦隊ガオレンジャー
26:忍風戦隊ハリケンジャー
27:爆竜戦隊アバレンジャー
28:特捜戦隊デカレンジャー
29:魔法戦隊マジレンジャー
30:轟轟戦隊ボウケンジャー


すげえ、30作もあるゾっ!僕は7代目のダイナマンまで観てたんだ。
以降はほとんど名前すら聞いた事が無いものが多い。「カクレンジャー」ってなんかいつも逃げ隠れしてそうで、弱そうだな。「アバレンジャー」「デカレンジャー」「マジレンジャー」あたりのネーミングは投げやりな感じだ。

とにもかくにも、今でも戦隊シリーズがあるって事が、嬉しい。昔とは色んな事が変わってしまった、大変な時代の今の子供達も、ボクらが子供の頃のように、ドキドキやワクワクを胸に戦隊シリーズを観てるんだと思うと、少し安心する。

ブログランキングに登録しています。このバナーをクリックして頂けるとポイントがあがって上位にランクされるようなので、よろしければご協力をお願い致します。
author:高橋正彦(音吉プレミアム), category:なぜ好きになったのか(特撮), 14:04
comments(0), trackbacks(0), pookmark
平和を愛し、弱気を助け、悪を討つのだ! : エピソード47:仮面ライダーBLACK RX CDをご購入の方(中国/男性/20代後半)の場合
仮面ライダーBLACK RXご購入商品:仮面ライダーBLACK RX CDアルバム/ヒット曲集
仮面ライダーなど、特撮ものはアメリカで言えばNBAやコーラのように、日本独自の文化です。ヒーローモノのテーマは愛と平和で、敵は悪です。この発送はどこの国でも同じだと思います。

小さい頃テレビで仮面ライダーを観ていましたが、最近衛星テレビで仮面ライダーBLACKがやっていて、観ていたら懐かしくてハマってしまって、今回サントラを注文しました。

店主の一言:仮面ライダー、いいですねえ。僕は10号ライダーまでギリギリで観てたかな。一番カッコいいと思ったのは9号ライダーのスーパー1です。皆さんは何号ライダーが一番好きですか?

さて、前回の地獄のラバトゥーシュキャンプの続きですが、辛い事だけではありませんでした。4日目には生徒だけのグループで、各自目的地を決めてそこで自炊して、野宿をする「ナイトハイク」というのがありました。夕飯は確かボンカレー。 「ここらへんは日本と同じなんだ」と思ったのを憶えています。

そして食事の後、仲間の一人がバックの中からタバコを取り出しました。それを見た、もう一人の仲間もいたずらっぽく笑って、バックの中からウイスキーを出しました。それを皆で回しながら、好きな女の子の話とか、怪談話(外国でもするんだなと再び思った)とか、色々と話をしました。入学してまだ5日くらいしか経っていない、英語も話せない僕にも話しかけてくれて、すっごく嬉しくて、

「俺の新しい青春はこの国ではじまるんだ」

と思いました。ウイスキーの酔いも手伝って、自分が【スタンド・バイ・ミー】の映画の中にいるような気がしました。

いい話終わりっ。 また悲惨な話に戻りまーす!

キャンプ6日目。先生が「みんな、今日はウォータハイクをしてもらう」と言った瞬間、既に5日間過酷なキャンプを過ごしてきた僕らは、 「あーあの小川を上にどんどん登って行くんだな」と予想しました。案の定、その通りでした。小川と言っても、時に全身が埋まるような深さの所もあり、泥沼のところもりで、僕らは水まみれ、泥まみれになりながらも、3時間ほどかけて上を目指しました。

なんだ、そこまで地獄じゃないじゃん。って思ったでしょアナタ?

その小川に、この子達がいたらどう思いますか?





ヒル
一瞬画像を載せようかと思ったけど、気持ち悪いので絵にしました。ヒルっていうのは人間の血を吸うナメクジみたいなやつで、自分の体の5倍くらいの血を吸います。しかも刺された時にチクッとしないので、いつやられたかわからないんです。僕も小川の深い所から上がったら、仲間に指をさされて見てみると、全身に10匹くらいヒルが付いていました。引っ張っても中々取れないので、ナイフで剥ぎ取るとか、火であぶるしかないんです。その瞬間の気分を思い出すと、今までの人生でもトップ3に間違いなく入るハードさでした。今書いていても鳥肌が立ちます。

ブログランキングに登録しています。このバナーをクリックして頂けるとポイントがあがって上位にランクされるようなので、よろしければご協力をお願い致します。
author:高橋正彦(音吉プレミアム), category:なぜ好きになったのか(特撮), 15:59
comments(0), trackbacks(0), pookmark