RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
キャッ、大好きなキャラがあんな事を... / エピソード188 裏姫〜夜のマテリアライズ/同人誌をご購入の方(メキシコ/女性/20代前半)の場合
裏姫〜夜のマテリアライズ/同人誌ご購入商品:裏姫〜夜のマテリアライズ/同人誌

私はマンガやアニメが大好きで、舞-HiMEのアニメにハマってしまいました。そして、インターネットで色々と検索をしていると、舞-HiMEの同人誌を発見したのです。ネット上で中身が少し読めたのですが、私の大好きな舞-HiMEのキャラクター達がエッチな事をしていました。私はショックを受けましたが、同時にもっと読みたいという欲求が沸いてきました。

それをきっかけに、私はいろいろな同人誌を読みました。特にやおいと百合の世界に興味があります。本来の作品の中では許されない行為が、同人誌の世界では自由です。作家によって絵のスタイルが違うのも、それぞれの作品の解釈やイメージの違いがわかるようで楽しいです。もし私が絵を上手に描けるのなら、私の頭の中で描いた世界をそのまま描く事ができるのに...

だから私は今も、理想の世界を求め続けて同人誌を読み続けるのです。



店主の一言:いやあ、毎回同人系の商品を買ってくれた女性とのやりとりにはドキドキさせられます(汗)

同人誌の世界って僕は詳しくないのでよくわからないんですが、彼女が追い求める「私の理想の世界」というのは原作の中には無いという事ですかね?それとも原作はそれはそれで満足だけど、原作のここがあーなっていればもっといいのに的な事なんでしょうか?でも原作が無ければ、同人誌の世界は無い訳なので、『あの○○ちゃんと☆☆ちゃんがそんな事をっ、キャッ』っていう心境なのかな?

『キャッ』ではなく『ギョッ』でしたが、僕も一度だけ同人誌を買った事があります。小学校5年生くらいの頃、近所の本屋に平積みでキャプテン翼の日向君が表紙のマンガが並んでいました。絵のタッチが若干違うと思いましたが、日向君ファンだった僕は迷わず購入しました。

最初は日向君の練習後のアルバイトの様子(小学生の頃から家計を助ける為に酒屋とかで働いていた)などプライベートが詳しく描かれていて、「なるほどぉ」と読み進めていったのですが、途中から雲行きが怪しくなり、同じチームのゴールキーパーの若島津君と部室で組んず解れづの展開になり、僕は鈍器で頭を殴られたようなショックを受けました。

これがきっかけで同人誌というものを知る事になったのですが、なんで普通の本屋の店の入口付近に同人誌が平積みされていたんだろう?




ブログランキングに登録しています。このバナーをクリックして頂けるとポイントがあがって上位にランクされるようなので、よろしければご協力をお願い致します。

音吉プレミアム ブログ「イタリア人は日本のアイドルが好きっ」目次
↑ 最初からみたい方はクリック ↑

このブログは東京・中野の中古CDショップ 「音吉プレミアム」のホームページからCDやレコードを注文してくれた外国人のお客さんにインタビューした内容を元に書いています。 音吉プレミアムのサイトはコチラ

イタリア人は日本のアイドルが好きっ
このブログが書籍化されました。全国の書店で絶賛発売中です!
アマゾンの和書ランキングで最高23位を記録しました。
本の詳細はコチラをクリック

author:高橋正彦(音吉プレミアム), category:なぜ好きになったのか(アニメ), 15:43
comments(3), -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 15:43
-, -, pookmark
Comment
ワラタwwwww
今ならまずありえないでしょうねw
2〜3年前、近所にチェーン店の書店がありまして、
改装で一時閉店したことがありました。

で改装後に開店したら雰囲気が変わってまして、
エロ本比率が倍になりエロ本コーナーの一角に
見慣れぬタッチの聖闘士星矢本がありました。
今思えば同人誌なんでしょうねw

専門店とかある今とは違ってどういう流通ルートで
書店に並ぶんでしょうかねぇ。。。

幸い俺は話だけで実際にやおいとやらの漫画を
目にしたことはありませんが、
キチンと区別しないといいトラウマになるよねコレw

sukke, 2008/09/30 5:16 PM
sukkeさん、コメントありがとうございます。

聖闘士星矢は美少年だらけですから、さぞかしニーズがあるでしょうね。当時の流通ルートは全くわかりませんね。作者が委託販売しているとかくらいしか思いつきません。


僕は同人誌の存在を知らなかったので、キン肉マンでいうところの『闘将!拉麺男』のように、日向君が主役の話が始まったのだと思い込んで買ったのでショックが大きかったです。

そのせいで、今でもキャプテン翼の続編をブックオフで立ち読みしていると、日向君の後輩の沢田タケシとも何かあるんじゃないかと色眼鏡で見てしまいます(笑)
otokichi, 2008/09/30 5:53 PM
ぐあ!すいません12〜3年前の間違いです!
sukke, 2008/09/30 8:50 PM