RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
KANにKAN激KAN無量 / エピソード191 KAN CDアルバムをご購入の方(カナダ/女性/20代前半)の場合
KAN CDアルバム/野球選手が夢だった。
ご購入商品:KAN CDアルバム/野球選手が夢だった。

ここ2,3年の間、私は昔ながらのJ-POPにハマっています(チャゲ&飛鳥、小田和正、Mr.Children、槇原敬之など)。その為、彼らが映っている歌番組(ミュージックステーションなど)をYOOUTUBEで探して観ていますが、時々私が知らないアーティストも出てきます。KANはそんなアーティストの一人でした。

クラシックなピアノ演奏に、ヨーロピアンスタイルが融合されたオリジナリティ溢れる音楽が彼の魅力だと思います。私は日本語がわからないので、彼の書く詩の意味はわかりませんが、バラードはとても心に響きます。そしてテンポの速い曲は時に楽しい気持ちに、時に明日も頑張ろうと励ましてくれます。

音楽は世界共通の言語ですね、言葉のバリヤを打ち破って私の耳に飛び込んできます。



店主の一言:この人、KANの音楽性の高さにすぐに気がつくなんてレベルが高いですね。僕は15年以上かかりましたよ。

超ヒットした歌って月日が経つとダサく感じる事ってありませんか?『愛は勝つ』が流行っていた当時、僕は中学生で、カラオケでこの歌を歌ったのを覚えています。しかしそれが二十歳くらいになると、あまりにストレートな歌詞のせいなのか、バカ売れした曲だからなのか、『愛が勝つ』なんて歌ったらモテないぜ、と思うようになりました。

そして今、30歳を過ぎて『愛は勝つ』を聞くと、懐かしさに加えて、今回のカナダのお客さんが言っているように、「クラシックなピアノ演奏に、ヨーロピアンスタイルが融合されたオリジナリティ溢れる音楽」を感じる事ができました。10年以上この仕事をしてきた結果、やっとKANの音楽性の高さに気が付いたのです。思い込みっていうのは怖いなあと改めて思いました。

洋楽しか聴かない洋楽ファンは、たまにはJ-POPを聴いてみたら新しい発見があるかも知れません。なまこの見た目が嫌で食わず嫌いしている人は、食べてみたら好きになるかも知れません。なんか苦手だなあの人と思っている人とも、ちゃんと話せば友達になれるかも知れません。僕も常にフラットな状態で物事を受け入れられる人になりたいです。その方が人生の幅が広がる気がします。

話は変わって、以前このブログでも紹介した、幼馴染のフィットネスインストラクターの鈴木悠ちゃんが、ゴルフの上田桃子プロのパーソナルトレーナーも務めた菅原賢さん監修の「ゴルフボディの作り方」という本にモデルとして出ています。約100ページに登場しています。一昨日悠ちゃんのお母さんが僕の店に来て、本をくれたので紹介します。
 
興味のある方は、悠ちゃんのブログに詳しく書いてあるのでコチラをご覧下さい。

鈴木悠ちゃん



ブログランキングに登録しています。このバナーをクリックして頂けるとポイントがあがって上位にランクされるようなので、よろしければご協力をお願い致します。

音吉プレミアム ブログ「イタリア人は日本のアイドルが好きっ」目次
↑ 最初からみたい方はクリック ↑

このブログは東京・中野の中古CDショップ 「音吉プレミアム」のホームページからCDやレコードを注文してくれた外国人のお客さんにインタビューした内容を元に書いています。 音吉プレミアムのサイトはコチラ

イタリア人は日本のアイドルが好きっ
このブログが書籍化されました。全国の書店で絶賛発売中です!
アマゾンの和書ランキングで最高23位を記録しました。
本の詳細はコチラをクリック

author:高橋正彦(音吉プレミアム), category:なぜ好きになったのか(J-POP), 00:05
comments(0), -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 00:05
-, -, pookmark
Comment