RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
ジャングル黒べえは黒人差別?
皆さん、『ジャングル黒べえ』という作品を知っていますか?
 
ジャングル黒べえ

藤子・F・不二雄原作のマンガでアニメ化もされていて、僕が子供の頃、再放送されていて好きなアニメでした。
 
そんな『ジャングル黒べえ』が、1990年くらいから今まで封印されていたという事実を最近知りました。封印されていた理由というのが不透明で、黒人差別をなくす会(メンバーは日本人)という団体が、同じく藤子作品である『オバケのQ太郎』の「国際オバケ連合」の回を黒人差別だと指摘して、それを受けてその回が収録されている巻を生産中止にした後日。『ジャングル黒べえ』を自主規制したというのです。
 
その後、顔が黒くて唇が分厚い黒人を登場させるのはタブーになっているそうです。そう言えばそういった容姿の黒人のキャラクターは近年の作品では見かけてないなと思いました。
 
『ジャングル黒べえ』は今年5月に藤子・F・不二雄大全集のうちの1冊に収録が決定したそうです。僕は今回、ネット上のこの全集についての記事を読んで、「ジャングル黒べえ復活!」と書いてあった事から、封印について知りました。
 
僕は、差別って、言われた本人がそう思ったら差別だと思っていて、言った人と言われた人の関係も大きく影響すると思います。セクハラとかもそうですけど、中年のおじさんに「今日もかわいいね」と言われたらセクハラだけど、素敵な同世代の男性に言われたらOKとか、「なんだそれ?」とも思うし、同時に、そのおじさんがすごくエロそうなら嫌な気持ちもわかります。なので黒人差別についても、黒人の人達が「これはちょっと差別的なんじゃないの?」と言うならわかりますが、日本人の団体が抗議をするのがよく理解できません。少なくとも僕は『ジャングル黒べえ』を観て、黒人に対して差別的な感情を持った事はありません。
 
今回の事で、中学校(多分1年)の頃の道徳の授業を思い出しました。【学校の廊下で、特別学級の子が階段を踏み外して転んだのを見て、数人が「こけたー」とバカにしているのを見て、私(主人公)は何も出来なかったけど、先輩が笑っている子達を注意したのを見て、私も先輩のような人になりたい】というストーリーだったのですが、僕が「もし友達がこけたら、友達がケガしてたら別だけど、無傷なら笑うと思う。だからこの先輩は差別的だ」と発言して討論は大いに盛り上がりました。日本て、知恵遅れとか障害者とかを自分達(健常者)と別物とくくってから優しくする傾向があると思います。日本のそういう所が嫌いでした。でも、僕にだって、本当に差別をしないという事がどうする事かは100%はわかりません。これからも迷いながらも自分が信じる道を進むでしょう。



ブログランキングに登録しています。このバナーをクリックして頂けるとポイントがあがって上位にランクされるようなので、よろしければご協力をお願い致します。

音吉プレミアム ブログ「イタリア人は日本のアイドルが好きっ」目次
↑ 最初からみたい方はクリック ↑


このブログは中古CDショップ 「音吉プレミアム」のホームページからCDやレコードを注文してくれた外国人のお客さんにインタビューした内容を元に書いています。
音吉プレミアム

DVD&ブルーレイ買取強化しています。タイトル数に応じて現金プレゼント中!
DVD&ブルーレイ買取ボーナスキャンペーン

ただいま邦楽VHS全品30%OFFキャンペーン中!
邦楽VHS全品30%OFFキャンペーン


イタリア人は日本のアイドルが好きっ
単行本「イタリア人は日本のアイドルが好きっ」も好評発売中です。本の詳細はコチラをクリック


author:高橋正彦(音吉プレミアム), category:店主の日記, 14:14
comments(12), -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 14:14
-, -, pookmark
Comment
お久しぶりです。

確かに日本は障害者に優しくと言っている部分がありますが、現実はどうかなと疑うところがあると私も思います。

ジャングル黒べえですか、これもいい作品だと思います。
ところで、日本での黒人差別では40年以上前にカルピスの広告でも黒人のキャラクターが飲んでるのが対象になったそうです。

高橋さんの言われた人が差別だと思っていて、関係が変化するの考えは私も同じだと思います。
そう思わないのなら差別ではないでしょうし、一部の人はなんで過剰反応するのか、不思議でなりません。

私もよく他人から、バカ・アホ・間抜けなどと言われ、精神的に疲れた時期がありましたが、、最近は言いたいやつには言わせとけとなるべく気にしないようにしています。

今は平気で人をけなすのが当たり前のようになってますが、差別とかと言う前にこっちをどうにかしてほしいと思います。
kazu, 2010/02/01 11:16 PM
kazuさん、コメントありがとうございます。

そのカルピスの広告、どこかで見た覚えがあります。これも特に差別性はなかったように思いますが、鎖国的な日本が国際化されていくに当たって、加減がわからなかったのかも知れませんね。

人をけなすのが当たり前になった原因のひとつが、テレビ番組だと思います。お笑い番組などを見ていると、カースト制かと思うような扱いを芸人が受けています。

弱い者を叩いて自分を引き立たせる、僕も子供の頃に同じ事をしてしまった時がありました。自分がやられて初めて、自分がした事の愚かさに気が付きました。

なので今は、お互いに足の引っ張りあいをするのではなく、切磋琢磨して高めあうスタイルを貫きたいと思っています。
otokichi, 2010/02/02 9:24 AM
読み流そうとも思いましたが、気になったので書かせてください。

黒べえは、子どもの頃に私も観ていました。作者や関係者には差別の意図はなかったと思いますが、実際問題、差別だと受け取られても仕方のない作品だと思います。

なぜ私がそのように感じるかというと、私も幼い頃から数え切れないほど差別を経験してきたからです。マイノリティは、自分たちがマジョリティにより戯画化されることを非常に嫌います。唇が厚く、肌の色が決定的に黒いという部分など、アフリカ系の文化の中ではそれだけで差別だと受け取られるのが実情です。何しろ、自分より色が黒い人間とは結婚しない断言するアフリカ系の人たちもいるくらいですから。

「差別だと決め付ける権利は黒人以外にはない」のなら、「差別でないと決め付ける権利もない」と考えるのが妥当ではないでしょうか。

それと、子ども時代の議論の件ですが、友人を笑うのと、転んだ障害者を笑うのは、同じでしょうか。笑いの質がまるで違うと思いますが。これはもう差別とともに人生を歩んでいる人間にしかわからないことだとしても、そう簡単にこれが差別でこれは差別でないと書かれるのは、一マイノリティとして非常に迷惑だと思います。差別でないと考える、ではなく、差別であるという主張を裏付けるだけの経験がおありにならないだけです。何でもかんでも過剰反応として処理しないでください。意見が正当かどうか、その根拠となる経験をつんだ人間の意見なら聞きもしましょうが、人生のうちどれだけマイノリティの人権や差別について思案をめぐらせているか考えてから書いてください。私たちは物心ついたときから、そのことを考えない日はない。一日五分でも十分でも心を痛めたことがある人の意見なら耳も傾けますが。

当初の製作者の意図とはかけ離れた次元で、黒べえもダッコちゃんも、実際に日本人による黒人差別として認識されています。黒べえが悪いとか、日本人が無自覚だというより、そのことを視野に入れずにすむ時代だからこそ問題視はされなかっただけの話です。内容を知れば差別ではなく一種の憧憬であるという理解を示してくれる人はいますが、一目見れば、出っ歯でメガネの日本人を描いた戦時中のプロパガンダコミックと大差ないのでは?
あんず, 2010/02/04 11:24 PM
あんずさん、コメントありがとうございます。

>「差別だと決め付ける権利は黒人以外にはない」のなら、「差別でないと決め付ける権利もない」と考えるのが妥当ではないでしょうか。

僕は当事者で無くても差別だと指摘するのは良いと思いますが、例えば多くの黒人の人達に見てもらって意見をまとめるとか、第何話のどのセリフが差別的だ、とか誰にでもわかる説明の仕方をしてくれないとリアリティが感じられないと思います。

僕はこの作品を何度も見て、差別を全く感じませんでした。もちろん感想はひとそれぞれで、今回のあんずさんのコメントを読んで勉強になりました。

道徳の授業の件ですが、僕が、【「先輩の方が差別的だ」と発言して討論は大いに盛り上がりました。】と書いているように、討論は賛否両論で盛り上がったのです。つまり答えがどこにあるのかは、非常に難しい問題であるという意味です。

そして最後に、【でも、僕にだって、本当に差別をしないという事がどうする事かは100%はわかりません。これからも迷いながらも自分が信じる道を進むでしょう。】と僕が書いたように、僕自身の中でも完全な答えは出ていないと明言しています。ただ、こういう問題に対して考える事が大切だと僕は思っているので、ブログに書いて読者の方達の中に、こうした差別問題に触れたことの無い方がいれば、考える良いきっかけになると思ったので書きました。

それから、僕は子供の頃、差別をしたこともされた事もあります。自分が差別される側になってからは、痛みがわかって差別はしないように努力しています。

そして僕の母は僕が生まれた時から病気で、障害者手帳を持っていました。近くにいて辛い思いをしている母を見てきました。

また、僕は知的障害を持った友達、精神に障害を持った友達がいて、彼らから「勝手に線引きをされて過剰に優しくされて、自己満足していなくなられる」のも辛いと聞いています。そういった経験から現在の僕の差別についての考え方ができている訳です。

僕の今回の記事であんずさんを不快にさせてしまったのなら申し訳ありませんでした。

この記事には2000近くのアクセスがありました。読んでくれた方達が差別問題について考えてくれればそれが僕の望んでいる事です。

どちらが良いか悪いかは、それぞれ意見を交換して討論すれば良いのだと思います。「ジャングル黒べえ」に関しては、直接指摘されていないのに、出版社が勝手に萎縮して封印していしまったという事も、残念です。作品にプライドがあるなら、差別的ではないのだと言って欲しかったです。
otokichi, 2010/02/05 9:42 AM
差別的という主張に組み伏し、そうではない、純粋に作られた作品が封印されてしまうとしたら、本当に残念なことですね。
受け手がどう感じるか、は無視していいことではありませんが、けれどいかにも差別的なニュアンスが込められたものと、そうでないものというのは、見分けが付かないほど消費者は愚かじゃないと感じもします。もちろんそれが差別的だと自覚がないどうしようもない場合もあります。
くろべえ問題などに騒ぐ団体が、海外の日本人に対する差別的な偏見や映像の垂れ流しには、まるで動かない、というそれこそ差別的な振る舞いがなければ、あーあとは思わないのですが。

>セクハラとかもそうですけど、中年のおじさんに「今日もかわいいね」と言われたらセクハラだけど、素敵な同世代の男性に言われたらOKとか、「なんだそれ?」とも思うし、

で、例えとして安易にこういうのを持ってくるのはやめた方が…とおせっかいな一言を。(誰もが不快にならない記事など無理ですからほんとに余計なことですが)
ただ、この手の物事を、そうした簡単なニュアンスで使ってしまう人はものすごく多いですが(自分もそうでした)、そこには「表面的な部分だけでとらえ、そんなの大したことじゃない、という意識が透けて見える」と言われれば(自分もry)確かにそうなんです。
これは本題の話にも絡みますが、その程度の認識でいられる立場と、そうでない人の立場が違うだけ、なんですよ。
簡単に問題を矮小化しない、決めつけないというのは、そんな意識はない、と思ってる人ほど日常でもポロっと口にします。
いずれにしろ当事者ではない者が、その差別意識について何かを言うときは難しいですよね。
当事者側には当事者側の思いがありそれと食い違ったとき、相手を尊重せず否定する、自分の考えを結局押し付けてそんなの差別じゃない、おまえが我慢しろ、で話を済ませようとする人は、やはりすごく多いので。またそんなことは社会から決してなくなりはしない。

>こうした差別問題に触れたことの無い方がいれば、考える良いきっかけになる

そうですね。差別問題に触れたことはない、という人は、差別がどういうものか特に意識はしたことがない?という人かもしれない……なら、すごくラッキーな人でしょう。
そんな人いるとは思えませんが。
差別的なもので理不尽な思いをした経験は、子供だろうと多かれ少なかれ持ってるでしょう。ハリウッド映画や海外のアニメに出てくる目のつり上がったアジア人、などの表象を見て、何とも言えず抱く違和感のように。
そう、そんな程度のことでも、くろべえなど可愛いほどに、もろに差別的なニュアンスを突きつけられる、思わずゾッとしてしまうような暴力的な偏見や誤解にまみれている日本人からすれば、差別問題を考えることは、とっくに他人事ではありませんよね。

くろべえ問題がきっかけに、というより、すでに日本人は十分他人事ではない、差別問題の当事者でもあるとすら思っていますよ。
kento, 2010/02/06 3:40 AM
Kentoさん、コメントありがとうございます。

>で、例えとして安易にこういうのを持ってくるのはやめた方が…とおせっかいな一言を。(誰もが不快にならない記事など無理ですからほんとに余計なことですが)

いいえ、ご指摘ありがとうございます。同じ事を言うのでも、言う人と言われる人の関係によって良くも悪くもなるという状況を身近な所で説明しようとしたら、こうなってしまいました。

差別問題はとてもデリケートな問題なので、僕も言葉を選んで書いたつもりですが、やはり受け手によっては不快にさせてしまうのだと思いました。

それでも、僕は今回の記事は書いて良かったと思っています。皆さんからのコメントを頂いて、勉強になる事も多かったですし、僕自身もこの問題について再度考える事ができました。

>そこには「表面的な部分だけでとらえ、そんなの大したことじゃない、という意識が透けて見える」と言われれば(自分もry)確かにそうなんです。

そうかもしれません。僕はかつて色々な事や周りの声を気にし過ぎるあまり、精神的に参ってしまった事があり、それ以降ほとんどの事を「大したことじゃない」と自己暗示をかける事によって、自分自身が傷つかないようにしていた部分もあります。

全ての人にとって差別が無くなる世の中になる事はおそらく不可能なので、ある程度耐性を身に付けておくのも処世術かもしれません。

とにかく簡単に答えがでる問題では無いですね。
otokichi, 2010/02/06 9:01 AM
俺は善人では無いので最初に聞くようにしてますね。
ダメなラインとかですけども。
幸いにして機会がほとんどないですが。


社会人でプレイしてた時に黒人のメンバーもいましたけど、本人がネタにしてましたしね。
初めて会った日にヘディング失敗して顔にドロついて「おれの顔クロくね?」とか。

どう返答すればよかったんですかね俺。
俺はチキンなので「あれ日本語できるんだー」とか明後日の回答しかできませんでしたがね

仮に俺から「顔黒いよ」といえば差別で本人が言えばギャグで、俺が言っても相手にとってはギャグとわかってくれるケースもあって?そうじゃない場合もあると。

何を基準にすりゃいいのかわからんですわ。

でもって、俺と彼との間ではギャグとして成立しても
第三者がギャーギャー言ったら差別になるわけでしょ?


ま、最初に書いたようにそのあとそういう差別チックなのはオッケーなの?って話はしましたね。
あくまで彼は日本人は黒人差別無いの知ってるからできるギャグだと。僕はかまわないよー、怖がられるよりマシだと。

その怖がることも差別になるのかな?とか考えたらわけわからんすね。様々な感情がある中での恐怖心すらも差別と言われるのなら対処しようがない気がしたりとかねw


まぁですんで一般的には、わからないが故に黙るんじゃないですかね。
はは、そうすると今度はシカトしてるって言われるんですかね?


そんなこんなで個人的にはテンプレートに則った差別ってのは無いんだと結論づけましたね。
統一見解が無く、人によって価値基準が変わる物で文句言われるのは納得がいかない。
だから俺は俺の基準で行く。もしなんらかのマイノリティの方と知り合ったのなら最初に聞く。
あとから言われたり、影で思われるたり、誤解されたりするのがイヤだから。


通りすがりや道すがらとかは知りません。
あくまで自分の周り限定の話。

俺は見ず知らずの人にまで手を不自由なく差し伸べれる程、自分のキャパシティは大きくない。
必要とあらば手を出すけども、そこで何か失礼があって差別だフンだと思われても言われても構わないってことです。
訴えられたらイヤだけどwww
自分の価値基準において手を差し伸べてそれがNGなら後は知らないです。


十人十色。俺の一番好きな言葉。
世の中いろんな考えの人がいるってことです。
sukke, 2010/02/06 12:38 PM
sukkeさん、コメントありがとうございます。

黒人の方とのエピソードは、僕もオーストラリア留学中に、似たような自虐ギャグ?をしていました。結局言う側と言われる側の関係次第で変わってきますよね。

ところで、サッカーをされていたんですね。僕もずっとサッカーをしています。共通点が多いですね。
otokichi, 2010/02/08 2:50 PM
言われた本人がそう思ったら差別だと

これは危険です。
差別を訴えた側が何らかの悪意をもって相手を貶めることや金銭を強請る目的の場合などがあります。

相手の話を聞くことは大切ですが、そのまま聞き入れるのは危険です。きちんと精査する必要があります。
, 2010/02/11 4:08 AM
>差別を訴えた側が何らかの悪意をもって相手を貶めることや金銭を強請る目的の場合などがあります。

そういう場合もありえますね。そうなると更に問題は複雑になっていきます。本当に深い問題です。
otokichi, 2010/02/11 9:37 AM
>暴力的な偏見や誤解にまみれている日本人
…こういう全体主義的名カテゴライズする人が
差別主義者なんじゃないでしょうか。
正論っぽい話や弱者をネタに、けっきょく特定の人達を攻撃してるだけで。
その共同体にもいろんな人がいるのに。

>何とも言えず抱く違和感のように。
描かれてる側の一個人としては、別によいと思います。
世界中、同じ顔や価値観の文化である方が異常です。

欧米のアニメでもFamily GuyやSouthPark、KimPossibleのヨリみたいな
目が細いアジア人や猿忍者のモンキー・フィストなんかは、
見ようによっては、ジャングルくろべえなんかより
はるかにステレオタイプでアジア人や文化を蔑視してると言えます。
でも、ああいうのを糾弾するのはちょっと違う気がしますね。

宗教や人種差別ネタのブラックジョークももっと直接的ですが
あれを見た人が腹立てて文句言うも笑うのも自由だけど、
それを「差別のない世界のために公開してはいけない!」とか言い出すと
心の余裕がないし、そもそも汚いものという認識で隠しているから
偽善的な形での差別なんですよね。

そもそも理屈づけは簡単だから、どんなものでも「差別」というのは可能ですし
抗議に萎縮して「ないもの」にしてしまうのは楽だけど、そういうものより
意見交換や現実を考えるうえのヒントにしたほうが健全でしょう。
fs, 2013/03/08 10:27 AM
あのジャングル黒べえの絵をここ変のサミュエルポップやクレメントに見せたら、絶対「これは差別ですね」と言って涙流しそう。後、私のクライアントが黒人でしかも日本を愛している方にジャングル黒べえは見せられません。藤子不二雄の黒人の描き方があまりにもひどいからです。ご自分が黒人の立場になられたらわかりそうなもんです。ニンジャタートルってありますよね。あれ見た時悲しかったですよ。アメリカ人にとっては日本人ってあんな醜いミュータントにしか見えないんだ。日本人は人間だと思われていないんだと思いました。それと、セクハラの話ですが「イケメンが女性にセクハラ行為しても騒がないクセに」とかおっしゃっていましたよね。それって当たり前じゃないですか。女性だって人間ですし、男性を選ぶ権利があります。男性だってブスに触られたくないですよね。女性も同じです。
マスカラ, 2014/05/20 4:08 PM