RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
メルボルン旅行記2011 その3
メルボルン3日目。午前7時にシンタロウに起こされた。シンタロウは今日もハイテンションである。ジェフの家の周りを散歩してなんとか眠気を覚まし、ポケモンカードで遊んでいると、9時になってジェフも起きてきた。

ジェフの家の前で

シャワーを浴びたあと、ジェフの行きつけの近所のカフェで朝食を食べた。メルボルンの食文化の水準はかなり高い。今回も不味いものは1つもなかった。朝食のあとはジェフにホストマザーの家まで車で送り届けてもらった。

ジェフと朝食

この日は今回の旅の最大の目的である大イベントが行われる日だ。ホストマザーのロスには4人の子ども、ジェームス、アマンダ、サイモン、ティムが いる。そのうちサイモンはもう20年以上前からフランスに住んでいるのだが、今回ティムが奥さんのクロエの国、フランスへ引越しをすることになった。そう なるとなかなか家族全員で顔を合わせるのも難しくなるので、ティムが家族全員で集まる1泊2日の旅行を計画して、僕も家族の一員として誘ってもらったの だ。

3月11日に東日本大震災が起きたとき、僕は英会話のレッスンをしていた。そこに突然ロスから電話があった。これまで一度も電話をかけてきたこと はなかったので何事かと思ったら、「日本でひどい地震があったけど大丈夫なの?」と聞かれた。幸い僕のいる広島県は何にも揺れなかったので僕はロスの電話 で地震があったことを知ったのだ。それから数時間後、ロスから1通のメールが届いた。それがこの旅行への招待状だった。「もし安いチケットが取れて都合が ついたら来てくれたら嬉しいわ」と書かれていた。これまで僕のわがままやお願いを聞いてくれたことは数多くあったが、ロスから頼みごとをされたのはこれが 初めてだった。去年の12月から英語学校を始めて、貯金を切り崩しながら生活している身としては、今余計なお金を使うことはためらわれたが、オーストラリ アの母に恩返しをするなら今だと思い、一大決心をしてシンタロウを連れてメルボルンにやってきた。ためらっていた僕に「行ってきなよ」と言ってくれた彼女 には本当に感謝している。そして余裕がなかったのでユリアと二人、日本に置いてきたことを申し訳なく思う。次回は必ず家族4人で行きましょう。


ロスのボーイフレンドの車に乗って、僕らは目的地へと向かった。車に2時間ほど揺られて到着したところは、周りに建物がほとんどなく自然に囲まれ たホテルだった。バーと一体型のこのホテルはオーストラリアの古くからの典型的な宿泊地のスタイルで、この建物は1864年に建てられたものだそうだ。

1864年生まれのホテル

ホストブラザーにホストシスター、その家族。懐かしい顔が並んでいる。この日はホストファミリーの一家とロスのボーイフレンドと25年前に別れた 元旦那さん(ホストブラザーたちの実父)、ホストブラザーたちの親友とその子どもたち、総勢60人以上が集まった。小さなホテルには十分な部屋がないの で、年寄りと小さな子以外は外のテントで寝ることになっている。シンタロウも誰がどこに寝るのか相談している輪に入って、従兄弟たちと一緒に寝る気になっ ている。シンタロウはまだ小さすぎるので、ロスが気を使って部屋を取ってくれているとはとても言えない。まあ眠くなったらベッドに運ぼう。

チャーリーとシンタロウ

テント

テントの中で

到着した者から、自由に好きなお酒をバーで頼んでパーティーは始まった。カウボーイハットをみんなでかぶるようになっているようで、ロスが僕たち の分も渡してくれた。ホストブラザーの親友の中には僕が高校生だったときに会ったことがあるらしい人が何人かいて、「あのときの子か!大きくなったなあ」 と嬉しそうに声をかけられた。僕は正直誰が誰だかあまりわからなかったが、みんなが嬉しそうに話すのを聞いて笑っていた。シンタロウは従兄弟たちとはしゃぎまわっている。

パーティースタート

サンセット

初めてこの家族と会ったのが18年前。今でもこんなにも良い関係でいられるなんてとても幸せだ。僕がいた当時、ロスは子どもたちが大きくなって家 を出て行ったので、空いた部屋を僕のような留学生に下宿させていた。関わった生徒の数は30名近くになるそうだ。その中で僕だけがこの家族と本当の家族に なった。「オーストラリア人の友達を連れてきたのはマサ、あなただけだったわ。あなたは普通のオーストラリア人の子と同じようなスタイルで生活していて、 学校であったことを話してくれたり、何でも相談もしてくれたから、本当の子どもみたいにかわいかったのよ」と、話すロスの言葉を聞いて、僕は 「Mom... (お母さん...)」と言って肩を寄せた。とても満たされた気持ちになった。そしてロスはあのころと変わらない優しい瞳で僕を見つめてこう言った。

「あなたは本当に特別な子だった。タバコで停学になったのもあなただけだったわ」

だんだんと夜も更けてきた。22時を過ぎたくらいから、ギターの音が聴こえはじめたので行ってみると、今回のイベントの主催者であるティムが歌っ ていた。ティムはアマチュアバンド活動をずっとしていて、今でもパブとかでときどきライヴをやっている。1年半前に来たときには、ブラザーのために歌うと 言って、僕だけのために1曲演奏してくれた。僕と年齢が一番近いこともあり、ティムとの思い出が一番多い。まだ16くらいだった僕をパブに連れ出してロス に怒られたり、ロスが旅行に行っている間にロスの車でドライブに行って、ガソリンスタンドにタンクの蓋を置いてきてしまい、取りに行くかと思ったら、ぞう きんを丸めて蓋にして「これでOK」と言って、帰ってきたロスにこっぴどく怒られたり、一緒にバカなことをたくさんした。僕は一人っ子なのでそんな兄貴が 欲しかったんだ。ティム兄さんはこの日、家族のために歌った。 (※ ティムの演奏はココをクリックすればご覧いただけます)


23時が近づいてきて、従兄弟たちはみんなもう寝るねと言ってテントに行ってしまった。シンタロウは興奮していて眠れないと言うので、部屋でポケ モンカードゲームをしたりしてから一緒に布団に入った。寝かしつけたらまたみんなと飲もうと思っていたが、僕も一緒に眠ってしまった。

ゼブラベッド

明け方、シンタロウが「ダディ!」と大声で呼ぶ声で目が覚めた。「What happened?(どうした?)」と僕が言う と、「Chicken and potato please!(チキンとポテトください!)」と言ってまたスースーと寝息を立て始めた。お前どんな夢見てるんだよ?僕はおかしくなって一人でクスクス 笑った。こうしてメルボルン3日目は終った。(つづく)



1日1クリックで応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

音吉プレミアム ブログ「イタリア人は日本のアイドルが好きっ」目次
↑ 最初からみたい方はクリック ↑

このブログは中古CDショップ 「音吉プレミアム」のホームページからCDやレコードを注文してくれた外国人のお客さんにインタビューした内容を元に書いています。
音吉プレミアム

子どもがバイリンガルになる英語子育てマニュアル日本初の本格英語子育てマニュアル「子どもがバイリンガルになる英語子育てマニュアル」絶賛発売中です。

イタリア人は日本のアイドルが好きっ
単行本「イタリア人は日本のアイドルが好きっ」も好評発売中です。


author:高橋正彦(音吉プレミアム), category:店主の日記, 15:04
comments(0), -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 15:04
-, -, pookmark
Comment