RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
杉本彩から日本が好きになったウィリアムとの6日間は少しほろ苦かった
お久しぶりです。最近はスケジュールが忙しくあっという間に日々が過ぎ去っていきました。

8月上旬に、アイルランド人のウィリアムが広島に遊びに来ました。ウィリアムとの出会いは6年くらい前、まだ彼が14歳だったころに、音吉プレミアムで杉本彩のCDを注文してくれて以来の付き合いです。

その後、日本に交換留学に来たときに初めて実際に会いました。それからは毎回日本に来るたびにうちに泊まっています。

1日目、サンフレッチェ広島の試合観戦。

ウィリアムとサンフレッチェ

2日目、呉に観光。ヤマトミュージアムに行く。


ウィリアムと呉

3日目、広島城と美術館。

ウィリアムと広島城

4日目、ホームパーティーで去年も会った僕の友達家族と再会。

ウィリアムとホームパーティー

5日目、僕の子ども英会話教室に教師として一日働く。

ウィリアム一日先生

6日目、昼ごろ新幹線で東京へ、そのまま成田空港からアイルランドへ帰国。


という感じで6日間を過ごしました。広島に来る前に東京と仙台に行って、留学していたころの友達と遊んできたそうですが、今回はみんな大学生になったり社会人になったりで、今までのコミュニティの中では生きていけなくなっていて、ウィリアム的には寂しい思いをしたようです。泊まるのを歓迎してくれた友達が、泊めてはくれたけど仕事や恋人とのデートであまりかまってくれなかったと言うので、それでも泊めてくれるだけありがたいのじゃないかと思いました。

ウィリアムの気持ちはわからなくもないですが、最初は外国人だから珍しがってもらっていたのが、皆慣れて特別な存在ではなくなっただけだと思います。ある意味ここからが本当の勝負で、ウィリアムに人間的魅力があれば友達でいたいと思ってもらえるだろうし、別のステージに突入したのだと言ってやりました。

今回は、毎回お金を親に出してもらって来ているくせに親の悪口ばかり言うので、1日僕の学校の教師として、僕と一緒に一日中レッスンをしてもらいました。一日働いてすごく疲れたと言うので、「俺はこれを毎日やっているんだよ。お金を稼ぐって大変なことなんだよ」と説教をしました。生徒さんたちにとっては初めての外国人との交流で、親子ともども刺激になったようで、ウィリアムへ感謝のメールをたくさんもらいました。それをウィリアムに見せてやったら、「僕の存在を喜んでくれる人が日本にいてよかった」と涙ぐんで感動していました。

広島に来る前に、友達との関係でよほど傷ついたのでしょう。「広島だけ楽しかった」と言っていました。でも、ウィリアムの考え方が甘いのも事実です。いろいろな話をして、今度来るときにはもう少し成長して来いよと送り出しました。今回はほろ苦い日本になったけど、乗り越えてまた来いよ。

ウィリアム送別会


1日1クリックで応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

音吉プレミアム ブログ「イタリア人は日本のアイドルが好きっ」目次
↑ 最初からみたい方はクリック ↑

このブログは中古CDショップ 「音吉プレミアム」のホームページからCDやレコードを注文してくれた外国人のお客さんにインタビューした内容を元に書いています。
音吉プレミアム

子どもがバイリンガルになる英語子育てマニュアル日本初の本格英語子育てマニュアル「子どもがバイリンガルになる英語子育てマニュアル」絶賛発売中です。

イタリア人は日本のアイドルが好きっ
単行本「イタリア人は日本のアイドルが好きっ」も好評発売中です。


author:高橋正彦(音吉プレミアム), category:世界各国の友達, 02:18
comments(2), -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 02:18
-, -, pookmark
Comment
思わず笑ってしまいました。ただ関西だと分からないかもしれないですが関東では連日、大なり小なり余震続きですし、特に東北は被災中心地なので…ちょうど八月は一息つくかつかない時で心身的にも仙台の方達は大変な頃だったのもあるのでは…と少しだけ思いました(偶々「アイルランド」検索で来たのですが楽しそうなブログですね。時間が出来た時には又閲覧させて下さい。)
travel, 2012/04/12 9:21 AM
travelさん、コメントありがとうございます。

ウィリアムは今年も来る予定なので、そのときにはどうなっているでしょう。本当の友達かどうかなんて30過ぎて少しずつわかってくることなので、そのときを一生懸命生きてくれれば良いと思います。

また是非ご観覧ください。

ありがとうございました。
otokichi, 2012/04/12 11:24 PM